あれこれ

2016年11月02日

ミッドライフクライシス


今日は、私の関連している会社で新入社員の歓迎会がありました。若い人と一緒にお仕事をしているとあんまり年齢のことは考え無いせいか?つい自分の年を忘れてしまいます。
たまに職場を離れて色々とお話をしていますと、あれ?そうだと自分の年齢にふと気が付きます。

年を意識し始めると途端に老け込むといいますから、あまり考えないようにと思いますが自覚はしておかくちゃならないな〜と思うことが最近多いです。ミッドライフクライシスという言葉をご存知でしょうか?
中年の危機という意味ですが、ユングが示した考え方で人生を1日で表現して日の出が誕生日没を人生の終末と考えます。40歳〜50歳は正午に当たり人生の転換期と呼ばれます、この時期は色々なことにぶち当たり悩む時期、現在では平均寿命が延びているので今の時代で言うと50〜60歳くらいに変わるかも知れませんね。

と考えると、私も丁度その真っ只中です。この10年は転換期というだけあって人生が180度変わっているような気すらします。その舵は自分の意志でとっているのは間違いないのですが、これから日没までどう生きていくかは?本当に大切だな〜とおもいます。身体の変調があったり、職業の大きな変わり目があったり、その中でもくらくらするような波が次から次へと襲ってるような感じです。残りの人生どのくらいの時間が残っているのか解りませんが、何かね、最近思うのですが、あの世に行ったことが無いので解りませんが、とりあえず人生と言ってもこの今の時間をどう生きるかだよな〜と思います。折角なのでまあ明るくね。過ごしたいです。

幸いかな、私の周りには素敵だなと思う人がたくさんいます。周りの人に助けられたり支えられたりして、何とかやっています。生かされているように思います。お陰様、お互い様のこころで、どうにか少しでも私にもできることがないかな?と思いながら楽しくやりたいです。

ちょっと気を緩めると・・年なりに、また身の丈を知りながら、いい気になってしまったり、勘違いしないように、このありがたいなと思う気持ちをいつも心がけようと思います。

普段、アルコールは一人で飲みません。外に出て飲む機会があると、ちょっとだけ飲みます。今日もちょっとだけアルコールが回っていて、なんか感傷的というか?しみじみ、ありがたい関係を大切にしていこかなくちゃなと程よい酔いで考えていました。

色々な波にもまれ落ちることも多いですが、ほんと周りの人には恵まれて幸せです。

ありがたや〜(^^♪


cfeel7714 at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月18日

アンガーマネージメント


今日アンガーマネージメントの講習がありました。体系だってお話を聴けて良かったです。コースが色々あるようなので、ちょっと咀嚼してからまたまた参加してみようかと思っています。怒りのコントロールは学んでも来ましたが今日は頭の整理になったのでまた現場で活かせそうです。

何か目の前に起きた時、それが怒りであれ悲しみであれ、対処の仕方があります。まずは、止まれ、コーピング、考えよ、そして実践です。わたしも色々試行錯誤しながらですが、アンガーマネージメントで教えていることも共通しているところが多く解り易かったてすね。

最近アンガーマネージメントの研修がやたらと多いです。わたしの所属する福祉事業所に来る管理者やサビ管の講習案内にも盛り込まれいますし、12月に参加られる予定の中災防の実務能力向上研修にも確か組まれていました。

昨今介護の現場の虐待問題も報じられることが多いですが、職員の方の過重労働がベースにあるのだろうと勝手に推測し体制の見直しが先決だとは思いますが、メンタルを健全に保つ為にはこういったことを職員が知っておくのは必要なことだと思います。

また、日常生活の中で家庭でも職場でもまたや友人でも人との関係性のある所でも、自分も相手も良い影響がでます。

何事も練習なので上手く使うには継続して使ってみる必要があると思いますが、使えば使うほど磨きががかかり、自分が楽になります。そして周りに影響を与えるので良い循環が生まれます。怒りが悪いわけじゃないですが、怒る必要がない時もあるでしょうし?怒り方でかえって状況を悪くすることもあるということです。





cfeel7714 at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月16日

人の目が気になるとき

自分を見る自分、他人から見られる自分・・自信がないとどうしても気になってしまいますね。それが、段々大きくなって自分に向かうと「ダメダメ感や自責が強くなり」、外に向かうと「攻撃的、他罰的になって怒りが湧いたり、又は気が付かないうちに尊大にふるまっていたり、又は何とか適応しようと頑張り過ぎたりしてまいってしまう。また次第に外の世界と関わるのが嫌になったりします。自分の領域を侵害されるのが怖くなるので、自然と自分の身を守ろうとするんですよね。本当はそのままの自分を認めてもらいたいとか、愛されたいとか思うのだけれどうまくいかない。

ものの見方がバランスよく、主観、客観と振り子がほどよく揺れると丁度良いのかもしれません。どっちかに固まってしまうと段々きつくなってきますね。

今の環境ではちょっとなと思っていても、何か他の環境に行った時に逆に楽だったり自分らしくいられるということありませんか?リセット感があるというか?仕切り直せるというか?
最初は緊張しながらでも、「この環境は良いかもと思えるか?思えないか?」
何か新しい集まりとか?仲間とか?うまくいったな〜と思う時を思い出してみてください。
これは、役に立ちます

また、逆に同じ集団でも・その集まっている人達によって、自信を持てたり肩身が狭く感じたりすることもありますね。周りの環境やそこに集まる人で感じ方は変わります。それは尺度を外に取り過ぎるからです。

どう影響するかは、環境と自分の関係、尺度の取り方で変わります。特に他者と比較してしまうと、評価を意識しすぎるので影響を受けやすくなります。

比較の罠に陥ると

心配ばかりする
どう思われるか人の目が気になる
褒められてもそう思えない
自分を責める
尊大にふるまってしまう
悲観的にものを考える
攻撃的になる
チャレンジできない

ということになり自己肯定感が下がる要因になります。

持って生まれた気質やそれまでの生育環境がベースにあり性分的なものもありますが、だからと言ってそうかと思わなくても大丈夫です。私も自己肯定感は決して高い方ではありませんが、それはそれとして、小さな行動は変えられるので、悩み始めたら動くようにしています。
思考にエネルギーを奪われるより、行動に振り替えるていくとそのうちに流れていきます。
特に考えこんでしまう人は何か始めると良いです。

あ〜性分だからな、これ以上考えても結論でないか!と強制終了させましょう!
家事、勉強、趣味、仕事・・なんでもいいですが、出来れば能動的なことをする。DVDなんかを見るという人もいますが、どちらかというとテレビなどは受動的なので、自分から働きかけることの方がいいかもしれません。

自己肯定感を高めていくには、小さな成功を積み重ねることも有効です。
自己イメージの上書を繰り返すように心がけましょう。
体験に合わせて役に立つのは、良いイメージや言葉を五感からどんどん入れるのは役立ちました。

私は自作で自分の持ちたいイメージを録音して常時聴いていたことがあります。
また、自分が元気になる本を読み返します。そうすると、マイナスに向かっていたベクトルがちょっとずつ軌道修正し始めます。

昔はノートに書いたり、紙に書いてあちこち目の見えるところに貼っておきましたが、今はPC、スマホ、フル活用できますから、どんどん使っていきましょう。

メンターを持つこともいいです。良き相談相手、話し相手。
色々試してみるときっと自分のやり方が見つかってきます。

そんなことをやっていると、自分らしく「まあいいか」と思う部分を上手に作れるようになっていき、それなりに喜怒哀楽ありながらも毎日過ごせるようになっていくと・・というかそう思いますよ〜(^^♪




cfeel7714 at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月15日

さてどうするか?


さてどうするか?ピンチはチャンスとは言うけれど、大きな舵を取らなくてはいけないのか?
とりあえず、私の船にはまだ非常食が多少は積まさっている。この非常食も少しずつ目減りしていくのだから、そろそろ腹くくって考えなければならないのか?・・きっと、何かをしなければならないのは解るのだが・・そのサインはまだこれからのようだ。

先日、ギターを手にとって適当にコード弾きをしながら歌を唄っていた。
詩?ぼやき?(^^♪・・ぶつぶついいながら・・一人遊びとしてはいいかもと思いながら。。

こんな感じ、
ふと気が付いたら50も半ばのおっさんが、あ〜そうかそうだったんだと今更気づく。まだまだ、これからといいながら、20代を振り返り、夢は叶うしかなうもの、まあいじゃない?あんまり考えるな、折角の人生一度きり、色々あるのが生きてる証、時は一緒、今も昔も未来もこの一瞬から・・

くだらないことをやってみると面白いかもとか?
そういえば、最近はYou Tubeという優れものがあるし・・
暫らくご無沙汰の唄も楽しめたらそれでいいかな〜と、なんだか折角好きなことを何もやっていないな〜と、なんか自分らしくないな〜(^^♪



cfeel7714 at 17:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月11日

やっぱり思いは叶うんだよな〜


毎日いろいろなこと起きるけれど、なんかやっぱり、自分の世界を実現していっているんだよな〜とこの頃つくずく思う。

もうかれこれ昔から、心のはたらきと現実について色々な本を読んだり話を聴いたりしてきた。なんか人生良くしたくってね。特にどの思想を信じるということでもないど、私の今迄の結論としては、やっぱり自分の心が世界を作るってこと。実はとてもシンプルなこと。ややこしくしているのは、やっぱり俺か!ってところ。古代の人から現代人迄、人生・目的・意味・成長?・・等など、宗教、哲学、心理学、はたまたニューソートみんな色々考えてきた。

いつの世にもあったテーマは、やっぱり「その人がその人の世界をよりよく生きること」私もはや20代で「この先どうなるの?」と悩んだ。そのころから、海外ではマーフィー・キング牧師・カーネギー・ナポレオンヒル・フリストフ・・・日本の中では、無能唱元・中村天風・船井幸雄・稲盛和夫・西田文彦・斎藤ひとり・小林正観・・等など、他にもたくさん・・どうやったらよりよくなれるか?そんな本ばかり読んでいた。特に折れそうになったり、壁にぶちあたった時は支えてもらっていた。

最近も又ブリストフや、ウェイン・W・ダイアーの本も読み返し・・

そうすると、やっぱり自分の世界は自分が作り出しているというのが良く解る。どうしてこんなになった?と思うことも、「考えてみたら、思い当るふしがたくさん。」、絶好調の時が何年か前にあった。その時も「なんか俺いい気になっていないか?なんか居心地悪いな〜」と思っていた。そうしたら数年後その現実は消えていった。絶好調の筈がである。結局あたふたしたが、結局のところ自分が考えていたことだった。確か脳機能学者の苫米地さん本に「コンフォートゾーン」のことが書かれていて、自分の居心地の良い場所に引き戻される。だから、自分の望む状態が居心地よくちゃならない。例をあげると、庶民がいきなり王室の生活に入ってそのしきたりを守らなければならないとすると?それは逃げたくなるかもしれない。

困った時はそんな本に書いてあるアイデアを試してみることにしている。あ〜そうなんだと思う。確かに実践してみるととやっぱりその通りになる。・・良いと思えることも悪いと思えることも。。

この十数年の自分を振り返ってみると、自分のパターンだなということが今更ながら解ってきた。なんでこうなるんだろう?と、頑張っているはずなんだけれど・・

それは、現実は一足遅れで変わってくる。良くなってくる。悪いと思えることもプラスに働いてくることもある。そこで「やっぱ、すごいわ〜心の力」と思う。そこからが肝心、自分のパターン、折角先人が教えて下さっている、たくさんのアイデアをいつも通りにやっていれば良いのだが、多分ちょっと手抜きをし始める。そして、エゴが邪魔するのか、安心してくると執着心が生まれてくる、執着心は疑念や不安という罠をしかけてくる。そうすると、「かしこまりました」とご主人様のいう通りに船はそちらに舵を取り始める。

私は何か特定の宗教を信仰してはいないが、たとえば、それぞれの儀式があったりする。食事の前の祈りとか?日本では神棚に今日一日の感謝を告げるとか?・・たぶんそういうこと?

良い時も悪い時も波は人生起きるのだけれど、その波にうまく乗るにはいつも変わらぬ思いを持つことがとても役にたつ、またそれをやはり毎日実行することなのだと思う。

だから、やっぱり「想いは叶う」のである。ただ、私もこの年になってようやく色々とつながってきた。良い思いを持ち続けるための工夫・・人によってそれは様々、違っていい。自分の信じる何かを持ち行動を結びつけること、実践していくことが舵を取り直してくれる。

思いは叶うのだから、折角だから良い思いを実現したいと思う。

cfeel7714 at 08:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月29日

国試キャリアコンサルタント・・合格しました!

今日は、キャリアコンサルタント試験の合格発表日、お昼にドキドキしながらインターネットの結果を見ましたら・・・・・・なんと、筆記試験、実技試験、両方とも合格していました〜ヽ(^。^)ノ

筆記は解答速報で、自己採点しましたら基準点以上はとれていたのでほぼ合格しているなと思っていましたが、論述試験はてこずりました。正直なところ自信がまるで無くあきらめムードだったのですが、なんと受験番号がありました。びっくりです。

久しぶりに、最高にハッピーです。資格試験を受けるというのはもう、もう何年振りになるでしょう?
勉強時間があまりとれませんでしたので模試のつもりでと思って受験しましたが、諦めずに続けていたのが良かったとだと思います。

良いきっかけにして、これから又精進していきたいと思います。






cfeel7714 at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月28日

元気のない時に・・


毎日、ほんと色々なことがありますよね。私もカウンセラーをしていますが、山あり谷ありの毎日です。なんでこうなるの〜ということもあります。ただ幸いなことに、仕事柄切り抜け方は色々勉強していますので、とりあえず何とかなるんですよね。

それで、最近読んでいた本に、植木等さん曲の紹介がでていました。天童よしみさんもカバーしてましたね。ふる〜い曲ですが、結構何とかなるかな〜と思わせてくれて元気になります。思わず頭の中で、植木等さんの声がリフレインします。元気のない時にちょっと笑っちゃいましょう!

「だまって俺についてこい!」 1964年の東宝映画『ホラ吹き太閤記』の主題歌です。



cfeel7714 at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール

ゆうたく

こころセラピスト&イベント歌手「結城卓也」「嬉しい・楽しい・幸せ」そして感謝の気持ちをモットーにと毎日ワクワクしながら奮闘中!たまにイベント歌手に変身ー唄う事で自分の心をリセットして楽しく過ごしています。

記事検索
アマゾン検索
livedoor 天気