2016年10月16日

人の目が気になるとき

自分を見る自分、他人から見られる自分・・自信がないとどうしても気になってしまいますね。それが、段々大きくなって自分に向かうと「ダメダメ感や自責が強くなり」、外に向かうと「攻撃的、他罰的になって怒りが湧いたり、又は気が付かないうちに尊大にふるまっていたり、又は何とか適応しようと頑張り過ぎたりしてまいってしまう。また次第に外の世界と関わるのが嫌になったりします。自分の領域を侵害されるのが怖くなるので、自然と自分の身を守ろうとするんですよね。本当はそのままの自分を認めてもらいたいとか、愛されたいとか思うのだけれどうまくいかない。

ものの見方がバランスよく、主観、客観と振り子がほどよく揺れると丁度良いのかもしれません。どっちかに固まってしまうと段々きつくなってきますね。

今の環境ではちょっとなと思っていても、何か他の環境に行った時に逆に楽だったり自分らしくいられるということありませんか?リセット感があるというか?仕切り直せるというか?
最初は緊張しながらでも、「この環境は良いかもと思えるか?思えないか?」
何か新しい集まりとか?仲間とか?うまくいったな〜と思う時を思い出してみてください。
これは、役に立ちます

また、逆に同じ集団でも・その集まっている人達によって、自信を持てたり肩身が狭く感じたりすることもありますね。周りの環境やそこに集まる人で感じ方は変わります。それは尺度を外に取り過ぎるからです。

どう影響するかは、環境と自分の関係、尺度の取り方で変わります。特に他者と比較してしまうと、評価を意識しすぎるので影響を受けやすくなります。

比較の罠に陥ると

心配ばかりする
どう思われるか人の目が気になる
褒められてもそう思えない
自分を責める
尊大にふるまってしまう
悲観的にものを考える
攻撃的になる
チャレンジできない

ということになり自己肯定感が下がる要因になります。

持って生まれた気質やそれまでの生育環境がベースにあり性分的なものもありますが、だからと言ってそうかと思わなくても大丈夫です。私も自己肯定感は決して高い方ではありませんが、それはそれとして、小さな行動は変えられるので、悩み始めたら動くようにしています。
思考にエネルギーを奪われるより、行動に振り替えるていくとそのうちに流れていきます。
特に考えこんでしまう人は何か始めると良いです。

あ〜性分だからな、これ以上考えても結論でないか!と強制終了させましょう!
家事、勉強、趣味、仕事・・なんでもいいですが、出来れば能動的なことをする。DVDなんかを見るという人もいますが、どちらかというとテレビなどは受動的なので、自分から働きかけることの方がいいかもしれません。

自己肯定感を高めていくには、小さな成功を積み重ねることも有効です。
自己イメージの上書を繰り返すように心がけましょう。
体験に合わせて役に立つのは、良いイメージや言葉を五感からどんどん入れるのは役立ちました。

私は自作で自分の持ちたいイメージを録音して常時聴いていたことがあります。
また、自分が元気になる本を読み返します。そうすると、マイナスに向かっていたベクトルがちょっとずつ軌道修正し始めます。

昔はノートに書いたり、紙に書いてあちこち目の見えるところに貼っておきましたが、今はPC、スマホ、フル活用できますから、どんどん使っていきましょう。

メンターを持つこともいいです。良き相談相手、話し相手。
色々試してみるときっと自分のやり方が見つかってきます。

そんなことをやっていると、自分らしく「まあいいか」と思う部分を上手に作れるようになっていき、それなりに喜怒哀楽ありながらも毎日過ごせるようになっていくと・・というかそう思いますよ〜(^^♪




cfeel7714 at 21:42│Comments(0)TrackBack(0) あれこれ | こころレポート

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール

ゆうたく

こころセラピスト&イベント歌手「結城卓也」「嬉しい・楽しい・幸せ」そして感謝の気持ちをモットーにと毎日ワクワクしながら奮闘中!たまにイベント歌手に変身ー唄う事で自分の心をリセットして楽しく過ごしています。

記事検索
アマゾン検索
livedoor 天気